月の歴史講座

■ 最近の記事

■ カテゴリー

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

■ プロフィール

月

Author:月
歴史好きが高じて、ついにこんなサイトを立ち上げました。
暇つぶしに見てくださいませ。

■ カレンダー

04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
『孫文』
孫文〈上〉武装蜂起 (中公文庫)
孫文〈上〉武装蜂起 (中公文庫)陳 舜臣

中央公論新社 2006-03
売り上げランキング : 317313

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
孫文〈下〉辛亥への道 (中公文庫) 実録アヘン戦争 (中公文庫) 江は流れず―小説 日清戦争 (上巻) (中公文庫) 袁世凱――現代中国の出発 (岩波新書) 江は流れず 下―小説日清戦争 (中公文庫 A 71-10)


陳舜臣。

孫文が、数度の蜂起、亡命を経て、中華民国を起こす前くらいまで。
清末の、清政府や、諸外国の情勢との絡み合いについて、教科書レベルでしか知らなかったけれど、物語として読むと、よく入ってくる。
理解しやすい。
読後感として、孫文が目指した国と今ある国とはまた違う政体だろうなとも思う。

スポンサーサイト
『馬上少年過ぐ』
馬上少年過ぐ (新潮文庫)
馬上少年過ぐ (新潮文庫)司馬 遼太郎

新潮社 1978-11-29
売り上げランキング : 26273

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
新装版 おれは権現 (講談社文庫) 新装版 アームストロング砲 (講談社文庫) 新装版 軍師二人 (講談社文庫) 人斬り以蔵 (新潮文庫) 幕末 (文春文庫)


司馬遼太郎。
短編集。

英雄児
河井継之助の生涯。
河井については、「峠」という長編でしっかり書かれているので興味があったらそちらの方が良い。
河井は幕末の日本で唯一ガトリングガンを買ったという。
が、越後長岡藩という小藩にいたこと、官軍の交渉相手が土佐の岩村高俊という小僧であったことが河井の不幸だった。
激闘のなか河井が負傷し、それがもとで死ぬと指揮できるものがおらず長岡藩は敗北。
河井ほどの人物を失ったのはもったいない。

慶応長崎事件
長崎でのイギリス水夫殺害事件と巻き込まれた海援隊。
福岡藩士金子才吉が水夫を斬ったが、海援隊に嫌疑がかけられた。
坂本竜馬、岩崎弥太郎、後藤象二郎らも出てくる。

喧嘩早雲
足利の足軽絵師、田崎早雲。
若いころは喧嘩ばかり、絵も評価されるんだがなんだかという早雲が幕末の動乱期に隊を指揮し藩を救い、人格が変わったかのようになり、「明治の二天(宮本武蔵のこと)」と呼ばれるようになる。

馬上少年過ぐ
伊達政宗の生涯。
言わずもがな。


重庵の点々
仙台伊達家の分家、伊予の伊達家のさらに分家の伊達宗純の病気を重庵(山田仲左衛門)が治療し、そのまま仕えて家老になる。
藩財政の逼迫を改めようとするが、もとからいる家臣たちはおさまらず重庵の専横を糾弾。
かつて助けられた宗純は、重庵は医者だとして命が救われるよう働きかける。
重庵は仙台藩預かりとなり余生を過ごす。


城の怪
大須賀万左衛門という浪人が、大阪城跡に出る物の怪を退治するため、知り合った松蔵と語らって退治に向かうが、他の侍に見つかり斬りあい、双方とも死ぬ。
この話が一番よくわからん。


貂の皮
脇坂安治が、赤井直正からもらった(奪った?)貂の皮のご利益で戦国時代を生き抜き、徳川政権下で大名として生き残る話。

■ 目次

目次はこちら

■ アニメーションの見方

アニメーションの見方はこちら

■ ブログ内検索

■ amazon

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ 歴史サイトリンク

■ RSSフィード


copyright 2005-2007 月の歴史講座 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。